インビザライン矯正はどんな矯正?

インビザライン矯正とは、オーダーメイドにて製作した機器を使って行う矯正歯科のことを言います。 この矯正の方法が取り入れられるようになったのは、1997年のこと。当時はまだ日本の技術ではこのインビザライン矯正はできず、 最初はアメリカで取り入れられていました。そこから約10年という時を経て、2006年に日本でもようやくその治療方法が取り入れられるように なります。 最近ではさまざまな矯正の方法が取り入れられており、金属ブラケットや審美ブラケット、 マウスピース矯正などはよく聞かれるようになりました。

その中で、このインビザライン矯正がまだあまり浸透していないのは、 かつて矯正の効果があまり事例としてなく、本当にしっかりと矯正の効果が得られるのかが不明だったためです。 現在ではその不安も払しょくされ、実際に多くの方がインビザライン矯正によって歯の矯正に成功しています。 技術の進歩とともにその高い効果が実証され、最近になって少しずつこの矯正方法が歯科医院の中でも取り入れられるようになってきたのです。

インビザライン矯正には、目立ちにくい、痛みが少ないといったメリットがあります。 とくに矯正では目立ってしまうことを懸念する方も多いので、目立ちにくいのは大きな魅力でしょう。 ただし、人によってはこの矯正治療を受けられないケースもあります。当サイトでは、インビザライン矯正におけるメリットや、 どんな人が矯正を受けられないのかなどをご紹介します。